チャンピックス服用前に副作用をチェック

チャンピックスは、ニコテックス等のニコチンガムよりも有効な禁煙補助薬です。
何故ならニコチンガムは、タバコの三大有害物質であるタール、一酸化炭素の摂取を防ぐ事はできますが、残りの1つ、ニコチンの摂取は防ぐ事ができないからです。
ニコチンガムは、その名のとおりニコチンが含まれたガムです。
その点、チャンピックスにはニコチンが含まれていませんので、ニコチンガムよりも健康的にタバコを止める事ができるのです。
また、チャンピックスを服用すれば、ニコチンを摂取した時のような快楽が得られるようになっています。
但し、得られる快楽はニコチンよりも少なめです。
しかし、その持続期間はニコチンを摂取した時よりも長くなっています。
従って、仮にチャンピックスを服用中にタバコを吸ったとしても、すでに快楽は得られていますので、タバコを吸う事による満足感は得られなくなります。
結果、禁煙へと導かれて行くという訳です。
ただ、チャンピックスにも副作用があります。
ですから、チャンピックス服用前に副作用をチェックしておく必要があります。
最も多い副作用は、頭痛と吐き気です。
他にも、不眠症、異常な夢、お腹が張るといった副作用が臨床調査で報告されています。
これらの副作用は、飲み始めに出る場合が多くなっています。
原因は、ニコチンが入らなくなった事による反動が大きい、神経細胞の受容体への結合の仕方による刺激がもたらしている等といった事が考えられます。
ただ、決して症状は強くなく、たいていは継続して服用していれば慣れてしまいます。
また、長期的に体に害をもたらす事はなく、服用を止めれば元に戻ります。
但し、現在、精神病やうつ病で治療中の場合は症状が悪化する恐れがありますので、原則として服用してはいけない事になっています。

↓チャンピックスの副作用についての参考サイト
チャンピックス 副作用